Blog

感想

理想のガラスペン
TVを見ていたら、ガラスペンが紹介されていた。

なんか、鉛筆みたいにかけるとか

ヘェ〜。

描き心地を重視するならば試し書き必須らしい。
20分くらいのところに取り扱い店があるっぽいので忘れていなければ行ってこようと思う。

見た目はこんな感じのシンプルなやつがいいな。
いっそ全部透明で装飾がなくてもいい。のっぺりしてたらゴムまく。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
ちょっとダークな

ハリポタ版のポケモン!!
ハリポタ版の妖怪ウォッチ!!

という印象。

情報を引き出すのに便利なキャラクターがいるのに何故そこで取引をしたのか!?
絶対的存在じゃないと見せて親離れさせるつもりだったのか・・・ご無体な〜・・・
と思った以外は、自然とこれはこうなるという先の話が見えてくる映画でとてもわかりやすく
窮地に陥ろうが、安心して見ていられる映画でした。私は好きです。

女
ソフトは予約していてもハードは未だ入手していないのですよ。
通販で入手しようと思うと、Proのほう、なんか、定価を越えているためしばし待ちです。

在庫のあるPS4で十分満足なのか、PS4Proを待ったほうがいいのか、
FF15はバグ祭りということで、パッチが出てきてからでもいいのか、
悩みどころです。

KOMWORK
RPGツクールMVのWin版、Mac版のDLソフトが13824円が2960円(税込み)だったので入手してみた。
https://tkool.jp/mv/index.html

Mac版なので何だか不思議な行程を経るらしく
やっとこソフトを起動したところです。

Steamっていうのが自分にとってまだ謎のまま使ってます。

今から、使い方見てこうと思ってます。

ちなみにMac版は

Degicaツクールストア:
http://tkool.degica.com/a/mac/mv-mac

ドワンゴジェイピーストア:
http://jpstore.dwango.jp/game/tkool_mv.php

にてダウンロード販売しているようです。

KOMWORK
YEN TOWN BANDが気になっている。

岩井俊二監督の原作「スワロウテイル」は読んだけれど映像は未だに見たことがない。

それよりも、ウォーレスの人魚が衝撃的で好きだったのでそれの映画なら見てみたいと思ったけれど、映画化してないのだね。残念。

リリィシュシュは、スレッド調なのが、めんどくさくなって読んでいない。

どれもこれも昔の話すぎて、物語を完全に忘れている。


ウォーレスの人魚の海で漂ってるシーンと
喰われる感じは思い出したけど、なんでそうなったのか全然記憶がない。

ズートピア 擬人化 ニックとジョディ
友人が見たいと言っていたので見てきました。
最近、映画館で映画を見ていなかったので、誰が誰かわからなくなったりストーリーが追えなくなるのでは?
とウィキペディアであらすじを見たところ、ついでにオチまで書いてあった。
まぁ、いい。

いつもは、この話はこの先こうなる。という予想を立てて、ん?間違いか?はいはいはい、やっぱり〜。

という見方をしています。
嫌な見方だな。

とかく、話を知ってしまったため先読みをする必要がないのでストーリーは無視して、

か・・・かわいい。仕草かわいい。困った顔がかわいい。あはははは。
2時間で気持ちのすれ違いが起こると正直、めんどくさくなるのですが
失敗させてよってことなので、まぁいいや。かわいい。

といたく楽しめました。

タヒチガール
作 あおしまたかし 画 吉村佳 タヒチガール2巻

入手いたしました。
いつの間にか最終巻。
姉ちゃんとか月とか謎が残りましたが

私は、リンちゃんが好きだったので良い感じです。

ピーターパン
「PAN ネバーランド、夢のはじまり」を見てきました。

原作だと、フック船長を見ても、ワニを見ても、死すら恐れず
恐怖をどっかに置いてきたんじゃなかろうか?というピーターパンが、
今作だと、ガクガクブルブルしている。
ネバーランドに住まう妖精の王子(人型になると1日しか生きられない。)と
部族の戦士の娘の子供という特殊な生い立ちがあるけれど、いたってまっとう、とても人間らしいピーターでした。

フック船長がタイガーリリーを娶って家族を築いていたよ。(そんな感じ。)

この流れから原作の流れには行って欲しくはないので、また、別のピーターパンだなっと思いました。

これはこれで好きなお話です。

KOMWORK > Blog > 感想